火星座のコミュニケーションは情熱の表現

他人とのコミュニケーションを円滑にしたい、もっとストレスなく人間関係を構築したい

そんな時、占星術では「水星の星座」をチェックします。

 

水星の担当は”言語””思考””コミュニケーション””情報処理”など。

 

人と会うのが辛い、コミュニュケーションが憂鬱、言語化するのが面倒、相手と自分の意思疎通にズレが起きる

 

これらは水星意識からのサインです

 

自分の水星星座に合わせた言語表現やコミュニケーション方法を獲得すると、人や世界と関わるのが楽しくなっていきます。

 

さて、今回は火のエレメントに属する星座=牡羊座、獅子座、射手座をピックアップ。どんなコミュニケーションがこの3星座に向いているのかを解説していきたいと思います。

 

 

「自分の水星星座が分からない」と言う方はこちらをご覧ください。ホロスコープの出力方法を図解してあります(姉妹サイトへ飛びます)→ホロスコープの出力方法

 

火エレメントのコミュニケーション

 

火星座の言語は、『盛り上がるための手段』。会話によって、相手や自分のモチベーションをいかに高かめるか、それがとても重要です。可能性、チャレンジ、ヴィジョンに意識が向きやすいでしょう。非常に直感的で、情熱的なのが火のエレメント。火の星座にとって、リスクはチャンス。チャレンジこそ全てです。

 

この人たちがコミュニケーションに求めるのは「高揚感」。夢や閃きについて自由に語ることで、チャレンジへと自他を駆り立てたいのです。対して、保身的で、結論の出ない会話が苦手。逃げるような言動が目立つ人を目の前にすると、「煮え切らないヤツ」というレッテルを貼って見向きもしなくなります。

 

水星・牡羊座の理想のコミュニケーション

牡羊座は12星座一のチャレンジャー。常に新たな閃きにワクワクし、それを行動にしたくてウズウズしています。説明が得意でない人も多く、基本的に全ては事後報告です。なぜなら…言葉にするヒマがあるなら、行動したいから。そんな牡羊座が最大限に輝くのは、冒険談を共有するとき。その人が勇気を持ってチャレンジしたことなら、失敗・成功に関わらず、どれも楽しめるはず。自分や他人の冒険談(体験談)に触れられる機会を増やしてみましょう。

 

この人たちの言葉は人々に「挑戦する楽しさ」を思い出させます。

 

<<注意ポイント>>

常に次の行動に意識が向いているため、他者への説明や相談がおざなりに。「勝手に◯◯して!」と怒られることも。また、人に合わせるのが苦手なため孤立しがちでしょう。自由で、行動的なのは牡羊座の強み。しかし、時に相手の意見を聞いたり、相手と足並みを揃えることも大切です。無鉄砲に言葉や行動にする前に、一呼吸置いてみましょう

 

水星・獅子座の理想のコミュニケーション

獅子座は12星座一のクリエイター。正直であること、クリエイティブであることを関わりにおいて大切にします。そのため、この人の周りには面白い話や人がたくさん集まるでしょう。そんな獅子座が最大限に輝くのは、「自分がどのようにして、人生を創造してきたか」を共有するとき。チャレンジと成長体験を共有できる場所を用意しましょう。

この人たちの言葉は人々に「創造する喜び」を教えてくれます。

 

<<注意ポイント>>

自立心と自我を大切にするため、はっきりしない人間を前にすると「自分のない奴」と不快になりがち。弱いモノには見向きもしない…なんて強固な態度が孤独感につながることも。その気高さと強さは獅子座の魅力。しかし、ときに相手の弱さに耳を傾ける時間も必要です。人の弱さは、攻撃対象ではない、と理解しておきましょう。

 

水星・射手座の理想のコミュニケーション

射手座は12星座一の旅人。国や、文化を超えた新しい価値観に出会い、新たな可能性に目覚めたい。そう願っているからこそ、ロマンあふれる話が大好き。外国、宇宙、夢…現在地から遠い世界の話に花が咲くことでしょう。そんな射手座が最大限に輝くのは、自分の究極的な理想を語るとき。大きなスケールで夢を描くことができる彼ら、語るうちにどんどん元気になっていきます。ただ夢を語り合う、そんな時間を持つことがオススメです。

 

この人たちの言葉は人々に、究極の理想を思い出させます。

 

<<注意ポイント>>

「遠くのものに触れたい」そんな欲求があるため、現実的で日常的な話は退屈に感じるかもしれません。また、視野が狭い人を目の前にすると、窮屈に感じてイライラしがち。視野の広さは射手座の魅力一つです。しかし、視野を狭めることで見えてくることもあるのです。現実や常識と向かい合うことも忘れないようにしましょう。

 

自分の言語(水星)と相手の言語(水星)が違うことを受け入れましょう

共通言語(例えば日本語)を使っていても、受け取り方や情報処理の方法は人それぞれ。あなたにとって「嫌な人」がいたとしても…実はあなたと使っているコミュニケーションのチャンネル(水星)が違うだけ、ということもあるのです。自分の質を理解すると、自分のくせ(性質)を相手に押し付けずに交流できるようになっていきます。最初は上手くいかないかもしれませんが、ちょっとずつ訓練しながら、自分と相手にとって最適なコミュニケーションの方法を探っていきましょう。

 

水星意識が満たされると、チャンスや情報を拾いやすくなります。

 

 

※上は占星術的解釈の一例です。ご自分のホロスコープが読める方は、他の惑星とのアスペクトやハウスも考慮して、自分に最適な日常とリラックスの方法について具体的に模索してみてくださいね。

 

 

関連記事>>

風星座のコミュニケーションは鮮度が命

水星座のコミュニケーションはテレパシー

土星座のコミュニケーションは事実確認

 

>>星をもっと学ぶなら

The following two tabs change content below.
占星術カレッジsoul of astrology代表講師   占星術やチャクラの知識を伝えることで 自分や宇宙を知り、主体的に人生をデザインする生き方を提案している。