風星座のコミュニケーションは鮮度が命

他人とのコミュニケーションを円滑にしたい、もっとストレスなく人間関係を構築したい

そんな時、占星術では「水星の星座」をチェックします。

 

水星の担当は”言語””思考””コミュニケーション””情報処理”など。

 

人と会うのが辛い、コミュニュケーションが憂鬱、言語化するのが面倒、相手と自分の意思疎通にズレが起きる

 

これらは水星意識からのサインです

 

自分の水星星座に合わせた言語表現やコミュニケーション方法を獲得すると、人や世界と関わるのが楽しくなっていきます。

 

さて、今回は風のエレメントに属する星座=双子座、天秤座、水瓶座をピックアップ。どんなコミュニケーションがこの3星座に向いているのかを解説していきたいと思います。

 

 

「自分の水星星座が分からない」と言う方はこちらをご覧ください。ホロスコープの出力方法を図解してあります(姉妹サイトへ飛びます)→ホロスコープの出力方法

 

風エレメントのコミュニケーション

 

風星座の人たちにとっての言語は、『好奇心を満たすための手段』。知らないことを知ったり、教えたり、という事にコミュニケーションの比重は偏りがち。古い情報や知っている情報には興味がありません。そのため、「分かったつもり」に陥りやすいのも風の質。しかし、いちいち過去を振り返らないからこそ、彼らは鮮度の高い情報を、即座に循環させる事が出来るのです。

 

この人たちがコミュニケーションに求めるのは「知的満足」。とにかく、知らないことを知りたいのです。対して、速度感の無いマンネリ化した会話が苦手。新鮮味のない情報が続くと、退屈してシラけてしまいます…。退屈した結果、相手を「頭の回転の遅いツマラナイ奴」と切り捨ててしまうかもしれません。

 

水星・双子座の理想のコミュニケーション

双子座は12星座一の好奇心の持ち主。頭の回転も早く、様々な事に興味を示す星座です。テンポのいい、ユーモアの効いた会話を好みます。理由は、気軽に、様々な人たちと関わりを重ねることで、自分の知識を増やしたいから。どんなジャンルにのことでも「面白い」と感じて楽しめるのが双子座です。様々な人の経験や知識を少しつづ伝える、そんな時に双子座は最大限に輝きます。好奇心の赴くまま、フットワーク軽く情報を受け取ってみましょう。

 

この人たちの言葉は人々に「知る楽しさ」を思い出させます。

 

<<注意ポイント>>

常に新しい情報に意識が向いているため、ちょっと忘れっぽい傾向が。意識が過去に向きにくいので、過ぎ去ったことが消えてしまうのです。また深く考えたり、じっくり物事に取り組むのが大の苦手。人との関係性も表面的になりがちです。社交的で関係が広いのは双子座の強み。しかし、本当に大切な人とは、深く腹を割って話し合う勇気も必要だったりします。

 

水星・天秤座の理想のコミュニケーション

天秤座は12星座一の平和主義。場の空気を読むのがうまく、誰も傷つけないような会話の運びがとても上手。一つの関係性に閉じ込められることを嫌い、調和的で楽しい会話を好みます。そのため、グループでのにぎやかで華やかな会話の方を楽しむときに天秤座はもっとも輝くと言えるでしょう。興味のある人たち、面白い人たちを集めた集まりなどを積極的に活用しましょう。

この人たちの言葉は人々に「会話の楽しさ」を教えてくれます。

 

<<注意ポイント>>

平和主義が行きすぎて、八方美人になりがち。自分さえ我慢すれば、なんて思いから、心にもない約束をして後悔することも…。相手を傷つけたくない、という優しさは天秤座の魅力です。しかし、時には自分の意思をはっきり伝えることも必要ですね。

 

水星・水瓶座の理想のコミュニケーション

水瓶座は12星座一の平等主義者。年齢、役職、経歴に関わりなく様々な人種の人たちとコミュニケーションを楽しむことが可能です。自分の中の常識を覆して欲しい、新しい世界が見たい、これが水瓶座の願いです。そのため、異文化や多様な価値に触れるとき、彼らは最大限に輝くでしょう。自分とは違う世界(価値観)の中で住んでいる人たちと、接触的に関わってみるのがオススメです。

 

この人たちの言葉は人々に、世界の広さを思い出させます。

 

<<注意ポイント>>

常識や権威を嫌うため、相手の価値観を押し付けられた…と感じると、とても不快に。ケンカは嫌いなので、「もうこの人とは分かり合えない」と簡単に見切りをつけてしまうことも。相手の頭が固いからと言って、すぐに見切りをつけず、わかり合うための努力も時に必要です。

 

自分の言語(水星)と相手の言語(水星)が違うことを受け入れましょう

共通言語(例えば日本語)を使っていても、受け取り方や情報処理の方法は人それぞれ。あなたにとって「嫌な人」がいたとしても…実はあなたと使っているコミュニケーションのチャンネル(水星)が違うだけ、ということもあるのです。自分の質を理解すると、自分のくせ(性質)を相手に押し付けずに交流できるようになっていきます。最初は上手くいかないかもしれませんが、ちょっとずつ訓練しながら、自分と相手にとって最適なコミュニケーションの方法を探っていきましょう。

 

水星意識が満たされると、チャンスや情報を拾いやすくなります。

 

 

※上は占星術的解釈の一例です。ご自分のホロスコープが読める方は、他の惑星とのアスペクトやハウスも考慮して、自分に最適な日常とリラックスの方法について具体的に模索してみてくださいね。

 

 

関連記事>>

火星座のコミュニケーションは情熱の表現

水星座のコミュニケーションはテレパシー

土星座のコミュニケーションは事実確認

 

>>星をもっと学ぶなら

The following two tabs change content below.
占星術カレッジsoul of astrology代表講師   占星術やチャクラの知識を伝えることで 自分や宇宙を知り、主体的に人生をデザインする生き方を提案している。