土星座のコミュニケーションは事実確認

他人とのコミュニケーションを円滑にしたい、もっとストレスなく人間関係を構築したい

そんな時、占星術では「水星の星座」をチェックします。

 

水星の担当は”言語””思考””コミュニケーション””情報処理”など。

 

人と会うのが辛い、コミュニュケーションが憂鬱、言語化するのが面倒、相手と自分の意思疎通にズレが起きる

 

これらは水星意識からのサインです

 

自分の水星星座に合わせた言語表現やコミュニケーション方法を獲得すると、人や世界と関わるのが楽しくなっていきます。

 

さて、今回は土のエレメントに属する星座=牡牛座、乙女座、山羊座をピックアップ。どんなコミュニケーションがこの3星座に向いているのかを解説していきたいと思います。

 

 

「自分の水星星座が分からない」と言う方はこちらをご覧ください。ホロスコープの出力方法を図解してあります(姉妹サイトへ飛びます)→ホロスコープの出力方法

 

土エレメントのコミュニケーション

 

土星座の人たちにとっての言語は、『事実を共有するための手段』。そのため非常に端的で、結論から話すようなパターンになりがち。相手がそれを聞いた時に”どう感じるか”という感情面での配慮を忘れてしまうのです。しかし、その分だけこの人たちの情報は「正確」。余計な感情や誇張が入らないからこそ、土星座の人たちの話は信頼できるのです。

 

また、この人たちがコミュニケーションに求めるのは「なんらかの成果」です。関わりによって、相手や自分に有益な結果をもたらしたい、そんな願いを常に抱いています。そのため、意味のないと感じるおしゃべりが、とっても苦手。なんのための時間なのか、その目的が曖昧になると、自分の時間を無駄にされているように感じてイライラしてきます…。そこで理解しておきたいのが、万人が会話において「成果」を求めているわけではない、ということ。それを忘れると、相手を「無能」だと切り捨ててしまうかもしれません。

 

水星・牡牛座の理想のコミュニケーション

牡牛座は12星座一の哲学者。ゆったりしていて、自分の感覚をとても大切にする星座です。じっくりと何度も反芻しながら、物事を検証することを好みます。同じことを何度も聞いたり、読んだり、そうして繰り返しながら着実に自分の知識を蓄えていくのです。他人と自分を明確に区別して考えられるのが牡牛座。なんとなくで、流されて結論をつけることもありません。そんな牡牛座の水星は、なにか一つのことについて繰り返し考えたり、それを表現する時に最大限に輝きます。自分の興味のあることについて、突き詰めて考える時間を用意してみましょう。

 

この人たちの言葉は人々に「思考することの価値」を思い出させます。

 

<<注意ポイント>>

考えたことを溜め込むだけで、表現を嫌がる癖があります。なぜかというと、牡牛座の言語処理速度は、人よりちょっとスロー。相手と自分の会話の速度差にストレスを感じやすいのです。しかし、それは牡牛座の頭の回転が遅い為ではありません。頭の中で繰り返しの検証作業を行なっているため、言語化に非常に時間がかかるのです。ゆっくりでいいので、言葉で伝える練習を重ねることが大切です。

 

水星・乙女座の理想のコミュニケーション

乙女座は12星座一の完璧主義。とても慎重で、情報の正確さを大切にします。正しく、役に立つ情報を伝えたいと願うのが乙女座。そのため、健康情報やお役立ち情報など、なんらかの有益な情報を共有する時、乙女座は最大限に輝きます。自分や相手にとって必要な情報を、信頼できる人たちと共有する時間を用意してあげるのがいいでしょう。

この人たちの言葉は必要な人に必要な情報を届けることを助けます。

 

<<注意ポイント>>

全てを完璧に伝えなければ、という熱があるため話が複雑に長くなりがちです。そして、そんな自分にガッカリして、伝えるのが嫌になってしまうことも…。話をする時に、どこが一番大切なポイントなのか、要点を理解してから伝えることが大切です。

 

水星・山羊座の理想のコミュニケーション

山羊座は12星座一のリアリスト。現実的で効率的であることをコミュニケーションにおいても大切にします。自分や他者にとって、実りある(結果の出る)時間としたい。これが山羊座の願い。そのため、経営戦略やライフプランの組み立てなど、現実を見て、成果を増やしていくための方法を考える時に、山羊座は最大限に輝きます。なんらかの目的や成果について、志の同じ人とたちと語り合う時間を創るのがオススメです。

 

この人たちの言葉は人々に、現実を思い出させます。

 

<<注意ポイント>>

端的に結論や現実を伝えることが、時に人の心を無視する結果となってトラブルになりがち。事実を言っただけなのに、なぜか相手に嫌われた、なんてことも。現実を見る、ということは非常に重要なのですが、時に自分や相手の感情に配慮したコミュニケーションも大切です。

 

自分の言語(水星)と相手の言語(水星)が違うことを受け入れましょう

共通言語(例えば日本語)を使っていても、受け取り方や情報処理の方法は人それぞれ。あなたにとって「嫌な人」がいたとしても…実はあなたと使っているコミュニケーションのチャンネル(水星)が違うだけ、ということもあるのです。自分の質を理解すると、自分のくせ(性質)を相手に押し付けずに交流できるようになっていきます。最初は上手くいかないかもしれませんが、ちょっとずつ訓練しながら、自分と相手にとって最適なコミュニケーションの方法を探っていきましょう。

 

水星意識が満たされると、チャンスや情報を拾いやすくなります。

 

 

※上は占星術的解釈の一例です。ご自分のホロスコープが読める方は、他の惑星とのアスペクトやハウスも考慮して、自分に最適な日常とリラックスの方法について具体的に模索してみてくださいね。

 

 

関連記事>>

風星座のコミュニケーションは鮮度が命

水星座のコミュニケーションはテレパシー

火星座のコミュニケーションは情熱の表現

 

 

>>星をもっと学ぶなら

The following two tabs change content below.
占星術カレッジsoul of astrology代表講師   占星術やチャクラの知識を伝えることで 自分や宇宙を知り、主体的に人生をデザインする生き方を提案している。