エメラルドの魔法 27:エネルギーの不足を感じたら

~ルーツ立ち返る~

身体も心も元気なはずなんだけど・・・
なんだか行動できない。
ついつい物事を先送りにしてしまう。。

そんな時は、ルーツとのつながりを確認してみましょう。

エネルギー・行動力は色で言うと『赤』
第一チャクラ(ルートチャクラ)の管轄です。

血脈・歴史・怒り・パワー・肉体・欲望・物質etc・・・

赤・第一チャクラのキーワードは多様ですが、
今回オススメしたいのは、そのなかでも比較的お手軽なこと。

『自分の情熱・目的・動機』と繋がりなおす、ということです。

とくに理由がなく、行動に起こせないとき。
じつは『それをする理由』が、自分の中で腑に落ちていないことが多くあります。

勉強・仕事・コミュニケーション・日常の雑務・家事・・・
やりたいことが、どんなことであっても
やる気が起きないときは、その行為の目的や動機を問い直してみましょう。

なぜ勉強をしたいと思いましたか?
なんのための仕事でしたか?
なぜコミュニケーションを大切にする必要がありましたか?
いったい、家事はなんのためでしょうか?

「そんなの分かってる・・・」
そう思うかもしれません。

でもね、それは本当でしょうか?

エネルギーが湧かないとき、行動に移せないとき。
それは自分の中の情熱や動機が忘れられているとき、です。

わたしたちは、『忘却』という才能を持っています。

その才能ゆえに、心の平和を保ったり、記憶を適切に管理することが出来ます。

ただし、その才能ゆえに、いつしか目的を忘れてしまったりします。

つまり、手段が目的にすり替わって・・・
いつしか本当の目的が忘れられてしまうのです。

勉強のための勉強。
仕事のための仕事。
コミュニケーションのためのコミュニケーション。

になってしまいます。

勉強の先にあった目的はなんでしょう?
何を獲得するための仕事ですか?
そのコミュニケーションの先には誰の笑顔がありますか?

行動のひとつひとつの目的を、もう一度問い直してみませんか。

その目的に、本当に納得したら・・・
そこからエネルギーが湧きでます。

多少の苦労も楽しみに変わります。

多くの場合、問題は課題の多さや大きさではありません。
情熱の欠如にあります。

そして、情熱は奮い立たせるものではなく
掘り当て、探し当てるものだと知っていてください。

あなたの情熱はどんなことにありますか?

何かが成長するのを見届けたい。
美しく整えることに喜びを感じる。
本気の人と、本気でぶつかりあいたい・・・

情熱の泉は、人それぞれです。

いま自分が取り組んでいる行為が、その情熱にどう貢献してくれるか考えてください。

どんな風に、あなたの情熱を満たしてくれるでしょうか。
全力で、創造性を駆使して探してみてください。

見つかれば、それを大事にして忘れないで。
それがあなたのエネルギー源になるでしょう。

そして、もし、探しても探してもそこにつながりが見いだせないのであれば・・・

『その行為を辞める』

というのも、ひとつの解決策かもしれません。

それがたとえ、仕事であれ、勉強であれ、コミュニケーションであれ、です。

なぜならば、情熱と繋がらない行為には、いつまでたっても『やる気』なんてやってこないからです。

仮に気力を奮い立たせてそれをやりきっても・・・
その先は「燃え尽き症候群」が待っています。

あなたには、長い人生が用意されています。
情熱に沿わないことをするコト
エネルギーの枯渇した状態で無理をするコト

それは一時の成功をもたらすかもしれません。

でも・・・
それで、その先の人生に空白地帯が生まれたとしたらどうでしょう?

それは成功と呼べるでしょうか。

問い直してみましょう。
あなたの情熱を。

そして繋がりなおしましょう。
あなたの情熱と。

あなたがいま抱えている仕事や勉強、行為をリストアップして。

それらの目的と自分の情熱を一言で書けるか試してください。

リストのひとつひとつを、あなたの情熱で埋めてください。

すると、もっとエネルギッシュで、もっと生き生きとした日常が顔を出しますよ。

さぁ、情熱リストを作りましょう。

The following two tabs change content below.
占星術カレッジsoul of astrology代表講師   占星術やチャクラの知識を伝えることで 自分や宇宙を知り、主体的に人生をデザインする生き方を提案している。